「前置演算」と「後置演算」を分かりやすく比較してみました

By | 2016/05/08

皆さんは「前置演算」と「後置演算」を正しく理解して、使い分けていますか?
正直自分は「そこまで結果に差は出ないでしょ〜。とりあえず全て前置演算で統一しておこう!」って、くらいの認識でした…
両方の演算が入り乱れたコードを書いたり、見かけたりすることは少ないかもしれませんが、ここで正しく整理しておこうと思います!

とりあえずサンプルを見てみましょう!


// 前置演算

var x = 3;

var y = x++;

document.writeln(x);  //4

document.writeln(y);  //3

//後置演算

var x = 3;

var y = ++x;

document.writeln(x);  //4

document.writeln(y);  //4

 

この違いを図で表してみますね!

img01

 

img02

 

このようにyにxが代入されているのですが、xに対するインクリメントのタイミングが異なることでyの結果が変化することが理解いただけたでしょうか?

この記事を読んでくださった方の少しでも役に立てたなら幸いです!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です